HOME>トピックス>歯列矯正治療中でも口元が目立ちにくい治療法

口元が目立ちにくい治療法

歯科矯正

歯列矯正治療と聞くと治療中、歯の表面に装着した矯正器具が目立つという、マイナスイメージを持つ人も多いかもしれません。一般的な歯医者さんで行われている歯列矯正治療は、金属製の矯正器具を歯の表側につけるため、どうしても口元は目立ちがちです。東京に多い歯列矯正治療を専門に行っている矯正歯科では、治療中も口元がかなり目立ちにくい「マウスピース矯正」も受けられます。マウスピース矯正は透明な素材で作られたマウスピース型の矯正器具をつけるため、ほとんど口元は目立たないのです。

目立ちにくい以外のマウスピース矯正の魅力

歯科治療

東京の矯正歯科でも多く行われているマウスピース矯正は、歯列矯正治療中に口元が目立ちにくいというメリットにだけ、目が行ってしまいがちですが、実は他にも数多くのメリットがあります。例えば1日にマウスピースを装着しなければいけない時間さえ守れば、食事中や歯みがき時にマウスピースを自分で取り外すことが可能です。歯列矯正治療中は矯正器具で違和感があり、食事や歯みがきがしにくいことも少なくありませんが、マウスピース矯正なら自由に取り外せるので治療中のストレスを軽減できます。また、金属アレルギーがあるという人でも一切金属を使っていない、マウスピース矯正なら安心して治療を受けられる点もメリットです。

広告募集中