歯並びを治すのにかかる費用

歯科矯正

白く輝き綺麗に並んだ歯は、何物にも代えがたい財産であると言えます。歯並びが綺麗であり噛み合わせが良いと、咀嚼も正常であり幾つになってもおいしく食事を楽しむことができます。綺麗に並んだ歯であれば、歯磨きなどのセルフケアも徹底することができ、年齢を重ねても虫歯になりにくい特徴があります。そのため高齢になっても健康な歯を維持でき、自分の歯でいつまでもおいしく食事ができるので、長寿になる可能性があります。また白くて綺麗な歯は、多くの人を魅了しその人の印象をよくします。その事でコミュニケーションも円滑になり、人間関係も良好になり人生を豊かにしてくれます。自分の歯並びにコンプレックスがあり、控えめになったり消極的な態度をとっているのであれば、一度東京の矯正歯科クリニックで相談するとよいでしょう。歯並びを治療するのには、歯の表面にワイヤーやブラケットといった装置を付けて歯を動かしていきます。こうした従来型の治療法だと80万円前後が治療費の相場となっています。

見えない矯正治療の良いところ

診察室

しかし歯の表面にワイヤーやブラケットといった装置を付けると、見栄えが悪いとして治療をためらう人も少なくありません。こうした場合には治療の装置が見えないという特長をもつ治療法を選択するとよいでしょう。インビザライン治療と言って透明のマウスピースを使う治療法があります。これであれば、人から装置に気づかれる心配がありません。費用も従来型の治療法より少し安く60万円程度で治療をうけることができます。またインビザラインは、透明のマウスピースを自分で着脱できるというメリットもあります。自分でマウスピースを着脱できると、食事も今まで通り快適に楽しむことができます。またマウスピースを外せるとセルフケアの歯ブラシなども隅々まで行き届き、口腔内を衛生的に常に保つことができます。従来型の矯正歯科治療と比較しても虫歯リスクが軽減されるのが最大の魅力です。しかしその反面、自分で装置を外してしまい、それを忘れて就寝してしまうことがあります。すると歯が後戻りをおこしてしまい、なかなか治療が進んでいかないというケースも見られます。そのためインビザライン治療の場合には自己管理が非常に大事になってきます。インビザラインの他に治療が人から気付かれない方法として、舌側矯正治療があります。これは歯の裏側にワイヤーやブラケットをつける治療法です。この方法でも人から治療を悟られる心配がありません。インビザライン矯正と舌側矯正は東京のOLさんやサービス業従事者など仕事をしている人から人気の治療法となっています。

広告募集中